ながさきのした (長崎グルメ)
長崎のグルメなお店を応援します。データーベースとしてご活用下さい♪
検索フォーム

お店リスト

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

2008・3・16~

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グルメコラムリスト
『美味しいモノを食べる時が一番幸せ

だ。』


n14.jpg


このトピは、お店情報ではなく、グルメ全般に関してのコラムカテゴリーです。ご投稿いただくと掲載いたしますので、どんどんあたなのグルメ考をお寄せ下さい。

グルメコラムリスト
●『冬の風物詩「牡蠣小屋」で殻つき牡蠣を焼く。』 2009・2/4
●『みらい長崎ココウォークのグルメ情報♪』 2008・10/3
●『なにやら不思議な豆腐』 2008・8/12
●『「美味しさ」の基準は、ひとそれぞれ。』 2008・4/8
●『とてもリーズナブルなランチタイム。』 2008・4/9
●『甘~~~~い!! ながさきの味。』 2008・4/2
スポンサーサイト
甘~~~~い!! ながさきの味。
長崎に初めて来られた方は、間違いなく戸惑う事がある。

n39.jpg

まず、醤油だ。 実に甘い (糖度が2倍近いとか)。

次に、寿司のシャリ。

これまた甘い。

そして郊外に行けば行くほどに、その傾向が顕著になっていくようだ。
ネタは新鮮でも、シャリが甘すぎて、ネタによってはせっかくのバランスを崩しているモノのあるので、覚悟して欲しい。

次に、料理の味も またまた甘い。

最近の若い人は、都会に1度出たりするので、そうでもないが、お年寄りの料理人の方々の中にはとんでもない甘い味付けをする方がいらっしゃるので、これもお覚悟を。
例えば、砂糖と塩を間違えたのでは?と思ってしまうほどに甘い味付けに出会った事がある。

和スウィーツ店リスト」でも書いたが、昔は砂糖はとても高価なシロモノ。それでも鎖国時代に唯一世界に開かれていた港であるので、他の地よりも手に入りやすかった。
そこで、もてなしの心としてふんだん砂糖を使ったのだろうか。

長崎の古き想い出に浸り、どっぷりと甘い味を堪能するのも、また一興かもしれない。
だが、メタボ検診が気になるアナタには酷な街かも。

リストに戻る。
「美味しさ」の基準は、ひとそれぞれ。
このようなグルメサイトをやってると、時折、見知らぬ人からメールが来たりする。

「今度、長崎へ行くので、おいしい店教え

て下さい」。


しかし、そこでトンと困ってしまう。
相手の方が10代なのか60代なのか?
男性なのか女性なのか?
料理のランクもある。安くて美味しいものか、高くても美味しい物が良いのか?値段によっては比較にならないし、その方の財政状況までは到底判らない。
脂っこいのがお好き?あっさりした味が良い?
はたまた、土地(関西・関東)によっても、味覚が違うと思う・・。

結論としては 見知らぬ人の美味しいと思うモノを判るはずが無いという事だ。

好みは人それぞれ。自分が美味しいと思う味が美味しいのであって、そこに基準は無い。
育った環境、それまでの食べた経験、その時の体調、いろんな要素が絡み合って、その時に美味しいと感じる。
料理の予算によっても、随分違う。
金に糸目はつけない!なんて、1度で良いから言ってみたいが、高くて美味しいのは当然だろう。
懐にもやさしくないと、美味しさもまた倍増はしない。
味よりも、接客にウエイトを置く人もいらっしゃる。それこそ「お客様は神様」扱いをされないと納得しない方もいらっしゃるだろう。

たまには、チキンラーメンを食べたくなる時があるけど、その時には、チープなチキンラーメンでないといけないのだ。いろんなラーメンとの比較論は無意味。

結局、チープであろうが、高級であろうが、偽者であろうが、本物であろうが、そんな事は関係ないのかもしれない。自分自身でさえ、そんな風に気分によって変るのに、見ず知らずの人の美味しいと思える料理なんて判るはずが無い それが出来るのなら、占いカウンセラーとして、TVでかんむり番組を持てるかもしれない。

と言う事で、それぞれの方が、ぜひこのサイトを観て、お店のクチコミ情報で判断して欲しい。ただし、そのクチコミ情報も全てが真実とは限らないのはネットの常識。ミステリー小説を推理するように、いろんな検索で情報を引き出すと、おぼろげに姿が見えてくる。
後は、アナタのした が結論を下すわけです。

リストに戻る。
とてもリーズナブルなランチタイム。
『お得なランチタイムを逃すな!』

ランチを食べると、そのお店の技量がわかる。
いわば看板みたいなもんだ。
リーズナブルなランチメニューでお店をチェック!
とくに、コース料理がメインなお店にいきなり入るのは勇気が要る。
そんな時にもランチタイムがあると、ありがたい。

時折ある、昼間をアルバイトに任せて「とりあえず昼も開けてみました、お手軽ランチ!」のような店は、まず長持ちしない。オーナーが居ない時間帯の雰囲気はひどいもんだ。おまけに、同じ素材を使っても、コックさんやサーブする人でこんなにも味が違うのかというのを体験できる。
それって、繁盛して多店舗経営に乗り出して潰れるパターンと同じ事が言えるかも。

n14.jpg

逆に、しっかりとランチに手を抜かないお店は、夜もぜひ行きたくなるもんです。


リストに戻る。

コメント用にBBS復活しました。
『情報は旬。』

たとえば、オープンしたばかりは、通常より良い材料を豊富に使い、採算度外視した料理で、しばらくするとかなり味が落ちるような店。
名前は同じだが、経営者が替わり、まったく違った味になったりする。これは経営者が替わらなくても、コックが替わるとまるっきり味が変わる。

ようするに、『美味しい』『美味しかった』という評判やコメントには『旬』があるということ。不変ではない。もちろん全てのお店がそうではない。中には、儲けよりもその事を一番大切にされてるお店もある。
逆に、評判が良くなりお客が増えると、どんどん多店舗経営に走り、料理の内容や味が著しく変わるお店も。
ながさきグルメランキング『ながさきのした』からの口コミコメントは、古いもので6年前からのコメントも含まれるので、当然の事、現在もそうであるとは言えない。
評価が十人十色違うように、時の流れによる変化も考慮に入れてご参考にされて下さい。

次々と新しい情報が寄せられるようになる事が一番良いのだけど、ながさきのしたランキングが無くなったとたんに、あれだけ組織票が書き込まれていたお店へのコメントがパタリと無くなるのも面白いもんだ。

BBS復活』

ブログのフォームでは書き込みし難い方には、旧掲示板をご活用できるように復活しました。
http://neji.honesto.net/bbs2/gourmet.cgi

ご意見、ご批判、アイデア何でもOKですので、ご意見をお待ちしております。
究極の日本料理?『たまごかけご飯』
日本人に生まれて良かったと実感するのは、アツアツの御飯に卵をかけて食べる瞬間なんじゃなかろうか。 いとも簡単な調理法なのに、めっちゃ美味い

卵かけご飯」。 しかも、奥が深い。

820608411_210.jpg

私は、
卵を出汁醤油と醤油のブレンドで混ぜ(最近は卵かけご飯専用の醤油も売り出されてる)、
アツアツの御飯の真ん中に窪みをつくって、
の卵を流し込み、ほとんど混ぜ合わさないで、御飯と卵と混ぜ合わさった部分との三味一体を楽しむ(混ぜ合わせてしまうと単一の味しかしなくなるから)。

相方は、卵を器で醤油と混ぜて、その中にご飯を入れ、よくかき混ぜて食べる。育った家ごとの食べ方なんだろうなぁ。それを見たときには、ちょっとショックだったがw

話を戻して、「卵かけご飯」の事。
卵をかけて3分以内に食べないと、卵の水分をご飯が吸ってしまって、食感が悪くなる。それに、ご飯の熱さで卵も変化する。
アツアツのご飯と冷たい卵、粘りっけがあるご飯を卵がうまくコーティングしてくれて、ツルリとかき込めるのも良い。

生卵が苦手な人には、卵の白身が若干固まるぐらいに温めたり、黄身だけを取り出して、しばらく醤油漬け(10分ぐらい)して、ご飯にのせて食べたりと、いろいろとアレンジレシピもあるので、ぜひ苦手な人は試してみて下さいな。

最近では、『卵かけご飯』専門店も出来るほどで、ネットでも『卵かけご飯』セットも人気だ。
呉豆腐
『なにやら不思議な豆腐』

だったので、試しに買ってみたら、意外に美味しかった。
食感はゴマ豆腐みたいにプルンとした感じで、ゴマ豆腐ほど甘くなく、甘味噌.タレがついていて(これは多少甘かったけれど)、なかなかでした。
普通の豆腐のパッケージで100円だったけれど、中身は2つのブロックの呉豆腐とふたつのタレがついてた。写真を撮るのを忘れたので、今度買った時にアップします。パッケージには島原の呉豆腐と書いてありました。

ネットで調べてみたら、島原だけでなく佐賀や福岡にもあるようですね。
そのネーミング[呉?]の謎は下のサイトに出てました。
普通の豆腐と違って、にがりを使わず豆乳に葛と澱粉を入れて固めるのだとか。
もともとは中国から長崎にその製法は伝わったらしいけれど、現在では長崎市内でつくってるところは無いようです。(あったらぜひ教えて下さい)。

島原[呉豆腐]

有田の[ごどうふ]も有名なようです。
http://www.godoufu.com/

最近は、他にもいろんなアレンジ豆腐が沢山出回ってて楽しいですね。
大豆は体にも良いし、栄養満点で注目の食材です。
みらい長崎ココウォークのグルメ情報♪
10月1日にオープンしたみらい長崎 ココウォーク」。
なかなかグルメなお店も入ってるようで、現在パンフレット&HPで確認できたグルメな店(08・10・01)。
*ネットで検索した情報なので、情報は随時更新します。

100.jpg

【1F】バスセンター
・『パティスリーカミーユ』(スウィーツ)
元ハウステンボス総料理長で現顧問料理人の上柿元勝シェフがオープンした洋菓子店。

【2F】ファッションフロア
・『レッドキャベツ』(スーパーマーケット) http://www.red-cabbage.com/
本店山口県で九州一円で展開するスーパー。長崎4店舗目。
・『ミスタードーナツ』(ファーストフード) http://www.misterdonut.jp/
・『エピシェール』(ベーカリー)
全国チェーン展開のベーカリー。詳細不明。
・『ストロベリーファーマーズマーケット』(スウィーツ)
イタリアントマトから離脱して展開。
・『36Sticks』(スウィーツ) http://www.muginoho.com/brand/36sticks/
全国フランチャイズ展開。スティックケーキは長崎初登場
・『スターバックス』(コーヒー) http://www.muginoho.com/brand/36sticks/
全国展開。

【3F】ファッション&グルメフロア
・『丸亀製麺』(ファーストフード)釜揚げ讃岐うどん http://www.toridoll.com/
本店兵庫の飲食店焼鳥・うどん、ラーメン、お好み焼き、焼そば、パスタと多種類展開。
打ちたて、ゆでたての讃岐うどん専門店
・『HANA華KOUZANROU』(ファーストフード) http://www.kouzanrou.com/
「江山楼」の味をもっと気軽に、楽しめるにニュースタイルのお店
・『カレーの店 夕月』(カレー) http://www.yuuzuki.com/
昔ながらの大衆カレー
・『ペッパーランチ』(ファーストフード) http://www.pepperlunch.com/
全国チェーン展開。気軽にステーキ。
・『マクドナルド』(ファーストフード) http://www.mcdonalds.co.jp/
全国チェーン展開
・『築地 銀だこ』(ファーストフード)
全国チェーン展開
・『ROMANDO ROLL』(ドリンク・フルーツ) http://www.romando-roll.com/index2.html
全国フランチャイズ展開。 フランスロール。
・『もちっとカフェ』(餅カフェ)
福岡の人気のカフェ?の進出。いつでもお餅が食べられるカフェ。

【4F】グルメ&スポーツクラブ
・『アレッタ』(ビュッフェ) http://www.aletta.info/index.html
本店福岡で九州展開のビュッフェスタイルの店。
・もんじゃ焼き・お好み焼き 『優乃華(うのはな)』(鉄板焼き)
博多創作もんじゃ焼きの店。
・『五島うどん ごしま』
五島うどんのお店。
・釜焼きごはんとうかまもん 『竹村商店』(和食)
釜炊きご飯と地元の食材を楽しめるお店
・『BISHNU(ビスヌ)』(インド料理)
全国展開しているインド料理。本場のコックさんがいる。
・元祖 『瓦そば たかせ』 http://www.kawarasoba.jp/
山口県下関の名物「瓦そば」発祥の店(瓦そば・和食)。
・『ぎゅう丸』 http://r.gnavi.co.jp/f362000/
佐賀嬉野のハンバーグがオススメの店が大村に続いて出店。
・『ココ デ マンジャーレ』(ピッツァ)
・『素屋』(十割そば)
福岡が本店のそば屋?

【5F】グルメ&アミューズメント
・中の茶屋『重籠』(和食・甘味)
・『だがし 夢や』(駄菓子) http://www.yumeya-jp.com/company/index.html
全国フランチャイズ展開。
・『浜勝』(とんかつ) http://www.hamakatsu.jp/
全国フランチャイズ展開。
・『長命茶芸館』(中国茶)
中国茶専門店。
・中華彩館 『江山楼』(中国料理) http://www.kouzanrou.com/
・『ル シェル』(カフェ)
トルティーヤ、イタリアンジェラードが楽しめるホテル日航ハウステンボスのカフェ。

【6F】シネマ

【8F】屋上
・『スカイガーデン シエスタ』(カフェ)

8.jpg

冬の風物詩「牡蠣小屋」で殻つき牡蠣を焼く。
牡蠣焼きに行ってきた。

とにかく安いというイメージだったのだが、最近ではブームなのかちょっと高めだ。

昔(15年ぐらい前?)は、ザルいっぱいで500円ぐらいだったのが、今日行ったお店はザルで4~5000円(一袋に8個ほど入って1000 円)と一瞬、体が固まってしまうほどのお値段。しかし、あっという間に、広い店内は一杯になった。観光バスが何台も停車していたので、観光ルートに入ってるのかな。そりゃ高いはずだ。

場所はフルーツバス停の近く。

フルーツの形をしたバス停で有名な諫早市高来町の有明海沿岸の国道207号線。
悪名高き「ギロチン堤防」で変わり果てた姿の有明海沿岸のいたるところに、「牡蠣焼き」のノボリが立ち並んでる。昔は小ぶりな有明牡蠣だったのだが、ギロチン堤防のおかげで他所から仕入れるお店がほとんどだ。今では、小浜、雲仙、大村湾ぞい、市内とあらゆる所で牡蠣焼きをしてる店があるが、やはり高来町周辺がなんとなく、昔ながらという感じで雰囲気がある。

30628.jpg

店によって、炭で焼いたり、木で焼いたり。
まぁ、少々高くても炭焼きをおすすめ。なんたって煙の出方が違う。

あとは、牡蠣だけのお店と、ソーセージやお肉なども置いてある店、蟹の味噌汁やら、おにぎりやらお店によってメニューが違うので、要チェックポイント。牡蠣だけだと、妙なお腹の満足感で、そんなにお腹に入らないので、いろいろ焼く材料がある方が良いかも。持ち込み出来る店もある。

注意ポイントをいくつか。

・店によってルールが違うので、事前にチェックしておくといいが、マイ醤油、レモンなどの調味料を持参すると困らない。店によってはおにぎりやお肉の持ち込みOKの店もあるようだ。昨日のお店はポン酢が用意してあった。

・お箸や、軍手は代金に含まれる店がほとんど。なかには、箸のかわりに、ドライバーで食べさせる店もあった。これは牡蠣をこじ開けるのにも使えて、便利なんだが、妙に金臭いw 昨日の店では、殻を開けるのに釘を使ってた。

・くれぐれも注意して欲しいのは服装。いっちょらなんか着ていくと、殻から飛び出た汁まみれになったり、灰や爆発した殻の欠片で大変なことになるので要注意。出来れば眼鏡も気をつけてないと、やられてしまう。それぐらいに、アチコチで牡蠣が爆発して悲鳴が上がっている。まぁ、それも醍醐味なんだけどね。

・軍手は、必須なんだけど、これが危険な罠で、この軍手に焼けた牡蠣汁がこぼれて沁みると、とんでもない責め苦になる。軍手は簡単に脱げないので、とっさいに耐えるしかないのだが、焼き汁に注意。
あと、牡蠣を網に乗せる時には、決して牡蠣の口があく方向を人にを向けないようにしないと牡蠣汁ミサイルが飛び出し大変な事になる。

・どこの牡蠣も活きが良くて新鮮なのだけど、スーパーなどで売ってる生牡蠣とは基本的に違う。スーパーなどで売ってる生牡蠣用は、しっかり下準備してあり滅菌処理してあるので、生でも食べれるのだ。牡蠣小屋の牡蠣は火が充分に通ってから食べるようにした方が無難。ただ、汁が乾燥してしまい、身が焦げると食べれなくなるので、それぞれ食べる分をしっかり焼いて食べごろを見極める事が必要(仕入れ先によっては生でもOKな牡蠣もある)。

牡蠣は「R」の月しか食べれない?

ところで牡蠣って英語スペルの最後に「R」がついてる月(9月~2月)しか食べれないと思っていたのだが、これって食べれないのではなくて、食べても良いが生殖器が発達して身が細り美味しくないって事らしい。獲れる場所によってはその限りではないし、岩牡蠣なんかは夏が旬なのだとか。ちょっと意外。
まぁ、味もそうだけど、梅雨時期や夏は細菌の繁殖で維持管理が大変かもしれない。
正月前と後では、身の太さも随分違う。通は11月ごろの小ぶりだが味が濃い時期を旬だとしてるようだ。しかし、このでっかい身も捨てがたいなぁ。

30615.jpg

「海のミルク」とも言われる牡蠣は、グリコーゲンやアミノ酸のタウリン、亜鉛や鉄などミネラル豊富な栄養素をバランスよく含むみ「タマゴ」に匹敵する完全栄養食品なのだとか。
どおりで、今日はお肌がプリンプリンだわ。

リストに戻る。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。