ながさきのした (長崎グルメ)
長崎のグルメなお店を応援します。データーベースとしてご活用下さい♪
検索フォーム

お店リスト

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

2008・3・16~

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中華料理店リスト
『長崎の小さな中華街』。

日本に三大中華街がある。
「横浜中華街」と「神戸南京中華街」と「長崎新地中華街」だ。

ふむ。長崎は、他のふたつと比べると申し訳ないほどの規模なのだが、やはり中華のルーツも長崎なのだから、自信をもって「中華街」と言おう。まぁ、世界に開けていた「文化の窓口」だったからそれも当然なのかもしれない。長崎と中国の関係は、密接だ。唐人屋敷ができた1689年頃には、唐人が1万人にも達していたのだとか(長崎人は6万)。豚を飼い、日本人を招いては豚肉料理を振舞っていた。九州の豚骨ラーメンのルーツも長崎である事は間違いない。ただ、残念と言っては、ちょっと違うが、「ちゃんぽん」のブレイクで、ラーメン文化は長崎では根付かなかった。

食べ物だけでなく、長崎の風習や文化、生活には中国色がかなり濃い。「精霊流し」「龍踊り」「しっぽく料理」「ペーロン」と、いろいろと唐の文化が絡み合って存在する。

最近、年ごとに盛大になっている 「ランタンフェスティバル」も、新地中華街の華僑の人達が中国の旧正月を祝う「春節祭」が下地にあるわけで、赤いランタンの灯が街に良く似合う。

n2.jpg

日本各地の中華料理が「広東風」なのだが、長崎は「福建風」で、あっさりとしている。薄口醤油よりも透明度の高い白醤油を多用し、洗練された「広東風」に比べ素朴な家庭風な味わいがある。素材も油通しよりも湯通しする事で淡白で日本人好みの味つけだ。

長崎:「中華料理店リスト」(50音順)
康楽」「京華園」「群来軒」「慶華園」「江山楼」「紅灯記」「陶々亭」「桃林」「ながさこ」「伯水楼」「はやかわ」「福壽」「福盈門」「平和楼」「宝来軒別館」「万徳」「陽龍」「鈴鈴」「老李

コメント(口コミ情報)は、それぞれのお店情報へ。
新しいお店の追加。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nagasita.blog96.fc2.com/tb.php/6-7cc74a23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。